ブログトップ
<   2018年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
社会への愛情
2000年代に入り欧米から導入されるようになったブランディングの手法。それまでのロゴマークやキャッチフレーズによって、ブランドの認知を高めてきたやり方とは大きく異なる。
単に販促ツールとして、それらを流通させるだけでは人の心は動かない。仮にそれらによって認知が広まったとしても、いつのまにか消える運命にあると思う。
大切なのは企業のふるまいそのものであって、常に継続して新しい働きかけを社会に向けて行うことが欠かせない。
急須離れが広がる状況に対して、茶農家が急須文化を地道に浸透させるような活動はいずれ花開く時が来ると思う。さびれゆく中心市街地に対して、人が触れ合う場づくりにチャレンジする活動も同様である。
地域や社会の課題解決に向けての活動の中に、自分たちの存在意義や、社会に対して何が提供できるのかということを突き詰めることから新たな製品やサービスを生み出していく。それこそが「共有価値の創造」であり、ブランディングのすべてである。





[PR]
by stylejapan | 2018-02-23 08:44 | 生活創造プロジェクト
強く生きる人の言葉
精神的にも肉体的にも、何があろうと僕はパフォーマンスに徹するだけ。弱気は最大の敵なんだ。自分自身に立ち向かわなきゃ。 マイケル・ジャクソン

人の一生というのは、たかが五十年そこそこである。いったん志を抱けば、この志に向かって事が進歩するような手段のみをとり、いやしくも弱気を発してはいけない。 坂本龍馬 

意固地な者とは他人に受け入れられなかった弱者であり、また他人の評判などを気にしない強者のみが、凡人には弱さと見られるようなあの優しさを持つことができる。 マルセル・プルースト

悪い想像はどんな強気の人をも及び腰にし、良い想像はどんな弱きの人をも積極的にします。
 ジョセフ・マーフィー 

「私は弱い人間だ」などと考えたりは絶対しないことです。弱さを強さに転換することです。自分の心に指令を発して、エネルギーをパワーに変換することです。自分の思考を気高い目標達成に集中して向けることです。
 ジェームズ・アレン

演出家の体が弱っているということは恐ろしいものだ。それが作品の上に如実にあらわれる。俳優さんたちに催眠術がかけられない。ともかくこっちの気持ちにどうしても乗り移らせることができなくなるんだ。そうしたいと思っても、その気力が何としても生まれてこないんだ。たまらないことだねこれは。 黒澤明

外部からの援助は人間を弱くする。自分で自分を助けようとする精神こそその人間をいつまでも励まし元気づける。 サミュエル・スマイルズ

真に新しいものは、何ごとであれ、人々の不評を買うものです。だから勇気が必要なのです。
どんな偉大な事業も、はじめは、すべて「夢」にすぎなかったのです。だから必要なのは勇気です。前人未到の道をひとり征くには、勇気が必要なのです。 ヘンリー・キッシンジャー 




[PR]
by stylejapan | 2018-02-14 14:11 | 生活創造プロジェクト
誰が社会問題を解決するのか
資本主義が、今、バランスを失っている。
未来は大丈夫だろうか?

経営学者ヘンリー・ミンツバーグが言うように企業と政府だけでは社会の問題など解決できると思わない方がいい。
経済的に発展した今日の世界は、社会の再構築を必要としている。
そこで中心となるのは社会的事業であるという。
それは、自分のことよりも社会全体のことを大切に考えられるかどうかにかかっている。

文化人類学者マーガレット・ミードの「少人数の思慮深い人たちのグループが真剣に取り組めば、世界を変えることが出来る。それを疑ってはならない。それ以外の方法で世界が変わったためしがない。」の言葉のように、行動するしかない。

個人が置かれている状況を反映した心理状態が、未来を明るくもするし、暗くもする。
未来のことは不確実であるので、未来志向のベクトルは近視眼的なスケールにしてしまいがちである。
しかし、今こそ、それぞれが未来について考えなければならない時だと思う。






[PR]
by stylejapan | 2018-02-05 10:19 | 生活創造プロジェクト