ブログトップ
エンパワーメント/Empowerment
エンパワーメントとは、組織の構成員一人ひとりが「力をつける」という意味。

企業経営においては、組織としてのパフォーマンスを最大化するために、現場に権限を与え、個々の自主的・自律的な行動を引き出す支援活動を指す。

20世紀を代表するブラジルの教育思想家であるパウロ・フレイレの提唱により社会学的な意味で用いられるようになった。エンパワーメントの概念がフォーカスしているのは、人間の潜在能力の発揮を可能にするよう平等で公平な社会を実現しようとするところに価値を見出す点にある。

エンパワーメント概念の基礎を築いたジョン・フリードマンはエンパワーメントを育む資源として、生活空間、余暇時間、知識と技能、適正な情報、社会組織、社会ネットワーク、労働と生計を立てるための手段、資金を挙げ、それぞれの要素は独立しながらも相互依存関係にあるとしている。













[PR]
by stylejapan | 2018-03-25 09:56 | 生活創造プロジェクト
<< レジリエンス/resilience 手仕事を基盤に >>