ブログトップ
grace under pressure
◇ジョン・F・ケネディ

私たちは、今までになかったものを夢見ることができる人々を必要としている。

行動にはつねに危険や代償が伴う。しかしそれは、行動せずに楽を決めこんだ時の長期的な危険やコストと較べれば、取るに足らない。

大きな失敗を恐れない者だけが、偉大なことを成し遂げる。

プレッシャーの下で優雅さを保てるかどうかが、真のリーダーであるかを決める。

今、我々に必要なのは何か。それは満足感ではない。勇気だ。


◇曾国藩

たいてい世のいよいよ乱れるのは、
第一、何事によらず、黒白のわからなくなること。
第二、善良な人々が、益々遠慮がちになり、くだらぬ人聞がいよいよ出鱈目をやる。
第三、問題が深刻になると、あれももっとも、これも無理ならぬことと、要するに何でも容認することになり、どっちつかずの気持で、黒からず、白からず、痛からず、痒(かゆ)からずというような、何だかわけのわからぬことにしてしまう。


◇安岡正篤

理想と現実との聞に分裂、遊離がないというのが、本当の人間らしい姿である。
ところが人間というものは、どちらかというと現実のほうへいく人と、どちらかというと、理想のほうへいく人とある。
本当にこれが統一されて少しも危なげのないものを「中」という。
中道は難しいというのはここでもわかる。
理想家肌というのは少し空想的。
現実家肌というのは少し堅すぎて、進歩性がなくなるというふうに分かれて、なかなか「中」はいけない。

「中」というと、相対するものを結んだその真ん中を「中」というと考えるが、それは「中」の一番幼稚な段階。
本当の「中」というのは矛盾撞着(むじゅんどうちゃく)しているものを解決して高いところへ進める-これを「中」という。



◇吉田秀雄

仕事は自ら創るべきで、与えられるべきではない。
仕事とは先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。
大きな仕事と取組め! 小さな仕事は己を小さくする。
難しい仕事を狙え! そして成し遂げるところに進歩がある。
取組んだら放すな! 殺されても放すな! 目的を完遂するまでは...
周囲を引きずり回せ! 引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地の開きができる。
計画を持て! 長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
自信を持て! 自信が無いから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚みすらがない。
頭は常に全回転、八方に気を配って、一部の隙もあってはならぬ!! サービスとはそのようなものだ。
摩擦を怖れるな! 摩擦は進歩の母、積極の肥料だ。でないと君は卑屈未練になる。











[PR]
# by stylejapan | 2016-09-25 08:00 | 生活創造プロジェクト
夢を実現した人
e0025086_13513840.jpg

1.本気だった(命がけだった)。

2.自分にしかできないことがあるはずだと信じていた。

3.力を1点に集中した。

4.情熱があった。

5.リスクを恐れなかった。
e0025086_13521193.jpg
6.頭がおかしいと、皆に言われた。

7.時代に先行して、パラダイムを変えた。

8.せっかちだった(と同時に、目標を見失わなかった)。

9.すぐに行動を起こした。

10.多くの人たちの心に火をつけた。
e0025086_13523030.jpg
11.独創的で変わり者だった。

12.反逆者だった(社会運動家も科学者も芸術家も)。

13.周囲の顔色などうかがわず、命令系統など無視した。

14.不遜にして無礼だった。

15.混乱を喜び、混乱を利用し、臨機応変に動いた。
e0025086_13524955.jpg
16.許可を求めなかった。

17.骨の髄まで正直だった。

18.欠点があった。(美点に負けないくらい大きな欠点があった)

19.あとに続く者の欲求と願望を汲み上げた。

20.一芸に秀でていた。
e0025086_13532230.jpg
Thomas.J. Peters







[PR]
# by stylejapan | 2016-09-19 13:53 | 生活創造プロジェクト
The Strength of Weak Ties
アメリカの社会学者であるマーク・グラノヴェッターは、「弱いきずなの強み/The Strength of Weak Ties」の理論によって、多様な人たちとのゆるやかなネットワークの有用性を説いている。
e0025086_15541094.jpg
社会的つながりが緊密な人より、弱い社会的つながりを持つ人のほうが、有益で新規性の高い情報をもたらしてくれる可能性が高いという理論である。同じ業界や地方社会のような閉じられたネットワークにおいては、支配的な見解や価値観を支持しているぶんには問題はないが、異なる立場を主張すれば、皆から攻撃され、追い払われかねない。そこでは、求心力ばかりが働きがちになる。

有用な情報は、自分の家族や親友、地域や職場の仲間といった社会的つながりが強い人々よりも、知り合いの知り合い、ちょっとした知り合いなど社会的つながりが弱い人々からもたらされる可能性が高い。

きずなは束縛でもある。猜疑心やねたみ、甘えも生じやすい。きずなが弱い方が本当は生きやすいと感じる人も少なくないはずである。地域の活性化に必要なことは、「強いきずな」ではなく、創造的破壊と個々の自己超越の繰り返しによる進化である。

「弱いきずなの強み」を活かすには、組織(プラットフォーム)内に変異、緊張、危機感を発生させ、その中で時代感覚を研ぎ澄まし、それとの相互作用を通じて、それぞれが事業の継続に有用な知識を選択淘汰し、それらを身につけながら進化していくしかない。











[PR]
# by stylejapan | 2016-09-11 15:55 | 生活創造プロジェクト
リアル空間
e0025086_06364579.jpg
e0025086_06371135.jpg
e0025086_06380681.jpg
e0025086_06384281.jpg
e0025086_06393039.jpg
e0025086_06405001.jpg
e0025086_06441663.jpg
e0025086_06451204.jpg
e0025086_06454103.jpg
e0025086_06462884.jpg
e0025086_06494230.jpg
e0025086_06513401.jpg
e0025086_07041690.jpg
e0025086_07030407.jpg
e0025086_06553022.jpg
e0025086_06562870.jpg








[PR]
# by stylejapan | 2016-08-23 07:05 | 生活創造プロジェクト
人間であること、それは文化を身につけること
文化を資本として捉える「文化資本(英語: cultural capital)」という言葉は、社会学における学術用語の一つである。

金銭(経済資本)によるもの以外の、教養や美意識、感性などの文化的素養といった個人的資産を指す。それらは、個人の習慣行動から蓄積され、身体に備わった部分である。

経済のグローバル化による弊害をどこかで出し抜くには文化しかない。ブランディングを成功させるためには、社会性や経済性とともに文化性が不可欠な要素となる。

1973年、フランスの社会学者ピエール・ブルデューによって文化的資本の重要性が提唱されて以来、現在に至るまで幅広い支持を受けている。ブルデューの出発点は「人間であること、それは文化を身につけることである」という点にある。








[PR]
# by stylejapan | 2016-08-16 09:09 | 生活創造プロジェクト
empty space:余白と想像力
本であっても、グラフィックであっても、余白があることで想像力が生まれる。
空間づくりにおいても同様である。
e0025086_08312327.jpg
そのことは日々の時間においても・・・
メールやFacebook、Gameやスマホでの撮影、ネットサーフィン…、昔にも増して時間のすき間を埋めることに懸命になったりしている。

想像力を鍛えるには、考える時間が不可欠。時間的余白によって、自分と向き合うことができる。想像力が働き、考えに進化が現れたりする。

上手く物事を運ぶ人は、課題に対して「何か良い方法はあるはず」と考えることを放棄しない。












[PR]
# by stylejapan | 2016-07-27 08:31 | 生活創造プロジェクト
閑散とした店
店は新規客とリピーター、2種類の顧客をどのように増やすかが課題である。
e0025086_06252033.jpg
観光地であれば新規客を取り込むために誘客活動を行う店が多い。そうでなくても新規客を取り込むために努力する店は多いが、基本的には、リピーターをどれだけ増やせるかが課題である。

固定客が多い店は、顧客との信頼関係を築いている店である。理由は単純で、新規客を増やすことには限界があるからだ。顧客との関係づくりが表面的であったり、短期的な集客に意識が高い店では固定客は少なくなる。

新規客を固定客化するのは接客にかかっている。それが10%前後であるか、50%以上あるかである。ここに意識が向かない店は、閑散としていることが多い。











[PR]
# by stylejapan | 2016-07-18 06:27 | 生活創造プロジェクト
競争社会の恩恵
都会への人口集中が課題とされるが、都会はエネルギーに満ち溢れている。
e0025086_11552909.jpg
何よりも競争が激しい。それはそれで大変であるが、必死にならないと生き残れないために前向きにならざるをえない。

若者はどんどん都会に集まり、元気溌剌に行動している。そこでは田舎のような内向きな人との関係性、複雑性は封じ込められている。エネルギッシュな勢いに直面すると、それに触発され自分も変化して対決していこうという気分になる。

休息はハードな時間があってこそ実感できるものだ。年齢を重ねていけばいくほど、外からエネルギーを吸収することは必要だと思う。「小人閑居して不善をなす」という言葉があるが、「老人閑居して不全になる」が活性化への足かせになっていたりする。





[PR]
# by stylejapan | 2016-07-17 10:17 | 生活創造プロジェクト
協働体
協働体とは、複数の主体が、何らかの目標を共有し、ともに力を合わせて活動する団体のことをいう。
e0025086_07552987.jpg
その目標が地域産業の活性化の場合は、公務員と企業市民が協力・連携することで生産性を上げることが目標になる。この協働の概念は、これからの地方自治の分野で不可欠なものとして唱えられている。これがうまく機能するかどうかはそこに参加する人たちの意識にかかっている。個々の人間が持っている複雑性が表面化すると活動が停滞したりすることになる。

そのひとつが、自分の利益を第一に考える生き方である。その人が成功しようと努力するその目標は、虚構の個人的優越にすぎず、その達成感はその人自身にとってだけ何か意味あるものにすぎないからである。協働体を成功させるためには、まず、協働体に貢献することを考えなければならない。このことは決して道徳的な価値観ではなく、自らが社会に貢献しているという実感につながるものである。

ふたつめが、他人と自分の関係が平等であるという自己都合の論理である。これは劣等感に起因する「人並みに認められたい」と感じる欲求が背景にあるといわれている。

これら人間が持つ複雑性を後退させるためには「自己への執着」という他人から見たら複雑な感情を解放し、「社会への関心」に切り替えなければならない。このことは自分の課題を棚上げにするということではなくて、自分の課題と他者が持つ課題を線引きし、互いに踏み込まないことを徹底することにある。それよって自分と他者との関係はシンプルなものになり、劣等感や猜疑心、優越感、依存心などの複雑性を後退させ、各人が対等な関係性をきずくことができる。

そういうことが出来てはじめて魅力的なライフスタイルの基盤が生まれてくる。ビジネスでの成功はそのライフスタイルへの共感するファンの誕生にある。











[PR]
# by stylejapan | 2016-07-16 08:00 | 生活創造プロジェクト
相互作用、交互作用
ふたつ以上の存在が互いに影響を及ぼし合うことを相互作用、交互作用という。
e0025086_08465516.jpg
人間の活動にはほとんどの場合、グループがつきものであり、それを構成する個々の価値観の違いが活動を複雑なものにする。合唱のようにそれぞれがパートを受け持ちながらハーモニーをつくりあげ、さらに観客からの評価を得なければならない場合には、個々人がもたらす複雑性は必然的に後退させられる。

Jリーグのようなプラットフォームにおいては、チーム内、あるいはチーム間において、切磋琢磨がおこり全体が向上していく。選手の適材適所やポジション争い、J1昇格や優勝争い、あるいはJ2、J3への降格、もしくは外国の強豪チームとゲームを設けるなど、グルーピングの適切なデザインによって、一人一人のスキルを引き出しながら、それぞれが持つスキルやエネルギーの総和を超えた力を創出していく。そんな中でひとりひとりが実力をつけていく。

それぞれの事業の成功とそのことによる地域の活性化という難しい課題に対しても、プラットフォームにおいて取るべき行動を個々が理解し、実践することによって活性化は実現出来るはずである。人間個々につきものの複雑性を後退させて、個々の能力を高めていく、そのような多様な個々人の参画による活動をうまく進めるには、相互作用、交互作用がキーワードになる。








[PR]
# by stylejapan | 2016-07-12 08:47 | 生活創造プロジェクト
売場を観察するポイント その3
店もモノも時代を映す鏡である。
e0025086_08102043.jpg
素敵に見えない店やモノの背景には、未だに大量生産・大量消費、経済効率最優先の発想から抜け出せないでいて、目先の利益に捉われた姿勢を読み取ることができる。

時代が変わると人や社会も変わる。インターネットが普及するまでは、テレビやラジオ、新聞、雑誌といったメディアから一方的に発信された価値観を消費者が受け取る時代であったが、インターネットの時代では、もはや売り手が決めた価値観に従う必要はなくなり、消費行動も個人の価値観が優先されるようになった。

こうして価値観が多様化していく時代において、購入するのはモノだけでなく、ライフスタイルや企業理念などそのブランドが持つ背景だったりする。当然、それらが時代の感覚を映し出すものであれば、ワクワクした気持ちを生みだすのではないだろうか。









[PR]
# by stylejapan | 2016-07-10 08:11 | 生活創造プロジェクト
売場を観察するポイント その2
想定する顧客層に対してリアルなライフスタイルを軸に売場編集を店内インテリア、什器、そして商品構成で行っている。
e0025086_08523299.jpg
そこにはストーリー性が見てとれるが、優れた売場ほど主力商品を軸にしてストーリーを描いている。ストーリー性とは、想定する顧客層に主力商品を提供するために必要なものであって、ストーリー性ありきで商品構成を考えると、「面白いけれど、買うものがない」売場になったりする。
e0025086_08530216.jpg
個別の商品訴求に力点を置く売場は、ストーリー性のある売場と比較すると全体としての専門性は感じるが、それだけだと、惹きこまれにくい。今はモノの提案だけでは、なかなか生活者に響きづらくなってきているからだ。

現在、求められるのは、顧客と同じ目線でライフスタイルを見極め、その延長線上にある提案から生まれてくる売場構成である。優れた売場では、「ライフスタイル提案」でなく、「ライフスタイル共感」型の売場編集を行っている。








[PR]
# by stylejapan | 2016-07-02 08:53 | 生活創造プロジェクト
売場を観察するポイント
e0025086_09064850.jpg
VMD/ヴィジュアル・マーチャンダイジングとは、視覚的演出効果のことで、ショップコンセプトや売場の統一コンセプトに基づき、品揃えや店舗デザイン(内外装・什器・照明…)、プロモーション、陳列方法などを連動させることによって、商品の特徴を視覚的に演出していくマーケティングの手法。VMDは主に下記の3点が要素になる。

1.ビジュアル・プレゼンテーション(VP)
2.ポイントオブパーチェス・プレゼンテーション(PP)
3.アイテム・プレゼンテーション(IP)

1.VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション
売場の中で中核となるディスプレイを指し、ショップのコンセプトやブランドイメージを演出し、お客様に印象付ける役割を果たす。お客様はVPを見て、その売場に立ち寄るか否かを判断することになるため、重要な役割を担っている。

2.PP:ポイント・プレゼンテーション
主に中規模ディスプレイを指し、売りたい商品や目立たせたい商品のディスプレイがこれに当たる。棚の上や柱廻りなどで展開する。 PPには VPで立ち寄ったお客様の回遊性を高め、滞在時間を長くする役割がある。

3.IP:アイテム・プレゼンテーション
商品を「魅せる」展示をすることで販売につなげる。お客様が自然と商品を手に取れたり、買いたい商品が手の届く場所にあったり、比較したい商品が近くに置いてあったり、見やすいように左右対称に商品が陳列されていれば、IP が成功していると言える。IPは購入率を高める役割を担っている。








[PR]
# by stylejapan | 2016-06-30 09:09 | 生活創造プロジェクト
passion
e0025086_10021825.jpg
仕事に対して情熱を持っている人は、その仕事の背景に何らかの意義を見い出そうとしている人にちがいない。

その仕事こそが「自分を表現する場」であると考えるために探究し続け、さらに好奇心のアンテナを張り高みを臨もうとする。そのことが生きている実感にもつながるのだと思う。

仕事を「ノルマ」と捉える人たちが存在する一方で、「ライフワーク」と捉えて共通の価値観をもつ人たちとつながり、互いの才能を分かち合いながら、自分は何かを変えれると信じている人である。











[PR]
# by stylejapan | 2016-06-28 10:03 | 生活創造プロジェクト
多数決≠民主主義
集団意思の決定に際し、単に数を比較する「多数決」という方法は、有効な選択肢のひとつだが、必ずしもそれが全体の意思を明確に示し得ているわけではない。
e0025086_07421072.jpeg
そもそも民主主義とは、少数意見を可能な限り尊重しつつ、国民の融和を図ろうという思想であり、多数決とは、多数派の独裁と捉えることもできる。

社会における様々なことは、単なる多数とは異なる「基準」にもとづいて進めていかなければならない。それは過去の歴史的教訓も踏まえた「知性」も動員したりするだろう。

地方の活性化という課題に置き換えた場合も、その「賢い」進め方は、日頃より問題の解決に向けて知恵を絞り、行動と検証の繰り返しが理想のはずである。













[PR]
# by stylejapan | 2016-06-26 07:42 | 生活創造プロジェクト
Each of the three being
e0025086_18071732.jpg
情熱を持たず、規則や決まりを大事だと言い、守旧で保身に走るタイプ。

一見、情熱と意見を持つ改革派の印象を与えようとするが、メディア文化人のように訴えたいことが先にあるのではなくて、ウケたり納得されたりすることを探し出し、後づけの因果関係をアピールする責任を負わないタイプ。

これらのタイプとは異なり、他者への印象づけに没頭することなく、まっとうな仕事をしているんだという自負をもって人生を貫くタイプ。

この最後のタイプはしばしば苦労人であり、辛苦をなめてきた人であり、それを糧に実力を培ってきた人だから、人情の機微が分かる人であったりする。ノンエリートの意地と誇りを持った人でもある。そういう人たちが支えている社会空間は健全だと思う。







[PR]
# by stylejapan | 2016-06-25 18:09 | 生活創造プロジェクト
登場感
モノづくりであっても、空間づくりであっても、ロジカルな発想は常に過去や現在までの事実に裏打ちされたものであるので、「正しい」判断がしやすいという点では周囲との合意形成も容易であるだろうが、本当に必要とする「新しい視点」や「登場感」を生み出すことにはつながりにくい。
e0025086_13053768.jpg
「新しい視点」を生むための方法のひとつに、生活上の行動様式を変えてみることが有効だったりする。仕事の範囲内や延長線上ではなくて、生活の中で今までと違った行動をとり、仕事のためのヒントを得に行くというよりも、新しい感覚を身体に取り込みに行くことによって、ロジックから解放され、ワクワク感の無い発想を回避できるかも知れない。
e0025086_13092916.jpg
仕事と私生活の充実による相乗効果を期待したワークライフバランスの最大の利点はこのことだと思う。

















[PR]
# by stylejapan | 2016-06-23 13:07 | 生活創造プロジェクト
短時間で効率的に仕事をこなすには?
ワークライフバランスとは、「私生活の充実により仕事がうまく進み」「仕事がうまくいくことによって私生活もうるおう」という、「仕事と私生活の相乗効果を高める考え方と取り組み」全般を指す。
e0025086_11273304.jpg
決して私生活に費やす時間を増やして、「ゆとりを持って働く」といったワークスタイルではない。組織に属する各人の高い意欲と職業能力を引き出すための仕事の質や生産性を上げるための施策である。

仕事を効率的に進めるためには、仲間や仕事の相手先に、「必要なことを」「短時間で」「漏れなく」伝えることが仕事を効率よく進めるために不可欠である。また、最大の成果は組織力やチーム力から生まれることから協働して助け合って一定の成果を出すという働き方にシフトしていくことも有効である。そのためには課題を共有しつつ、後輩に自分の仕事を教え、チームとしてのキャパシティを広げておくことも大切になる。

「人間の脳は、時間的な制約があると活発に働く」という研究結果がある。一定の時間内で高い成果を挙げるよう努めることが、ワークライフバランスへの第一歩である。いつもより短時間で成果をあげるには、「ライフ」の時間での自己研鑽が必要不可欠になる。「成果が出ない」と悩んでいるとき、視野を広げて見聞を深める方が有効な場合もある。

仕事をする人の意識は次の3段階にあると言われている。
1.報酬のために働く状態。休憩時間や、タイムカードを押すのが楽しみな場合これに当たる。
2.成長のために働く状態。よりよい仕事を求め、目先の仕事を踏み台にしていく。
3.人の役に立っていて、自分の仕事に意味があると考えている状態。お金をもらわなくてもやりたいと思う。決してワーカホリックとは違う。最も幸福度が高い状態と言われている。


















[PR]
# by stylejapan | 2016-06-20 10:44 | 生活創造プロジェクト
Personal Development and Human Potential
e0025086_09162781.jpg
他人と自分とを比較する or 過去の自分とを比較する

e0025086_09165455.jpg
自分の弱いところを考える癖がある or 自分の強いところを考える癖がある

e0025086_09181066.jpg
結果だけを大事にしようとする or プロセスも大事にしようとする

e0025086_09200339.jpg
複雑に考える習慣がある or シンプルに考える習慣がある

e0025086_09243253.jpg
本も活字も嫌い or 読書の習慣がある

e0025086_09254467.jpg
過去をほじくりかえす癖がある or 済んだこととして無駄に考えない

e0025086_09262005.jpg
ひとりになる時間を否定にする or ひとりで考える時間を大切にする

e0025086_09273501.jpg
未完成の自覚を持って、絶えず努力してゆくところに青春がある。
たとい若くても、自己満足におちいっているなら、その人は老人に等しい。

e0025086_09304396.jpg
トラブルに腹を立て新たなトラブルを招く or トラブルを活かし新たなチャンスに変える

e0025086_09325726.jpg
短期で考える or 長期で考える

e0025086_09342042.jpg
明るいニュースよりも暗いニュースを見る or 明るいニュースを見る

e0025086_09351371.jpg
自分は運が悪いと思っている or 自分は運が良いと思っている

e0025086_09363494.jpg
タイミングが悪くチャンスを逃す or タイミングが良くチャンスをつかむ

e0025086_09375087.jpg
考えても分からないことまで考える or 考えても分からないことは無視する

e0025086_10034669.jpg
失敗によって落ち込む or 失敗を糧と捉え、今後に活かす

e0025086_10110408.jpg
難しいと感じたときは能力が伸びる時

e0025086_10401097.jpg
難しそうなら最初からあきらめる or 可能性にかけて行動する

e0025086_10445182.jpg
焦らず、怖がらず、立ち止まらず

e0025086_10123377.jpg
たえず成長しているという実感は、モチベーションや自信を生む

e0025086_11163226.jpg
説得力とは人生を切り拓く力

e0025086_10423378.jpg
努力が苦にならない仕事、成長が実感できる仕事を選ぶ。そうすれば充実感が得られる

e0025086_10491527.jpg
努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る。

e0025086_10550968.jpg
何の抵抗も受けないのは、実行されても痛くもかゆくもないということだ。
いい提案というものは、現状の改革を伴うなど、
何らかの変化を要求するから、少なからず抵抗を受けるものだ。

e0025086_11043233.jpg
あらゆる失敗を避けようとする or 大きな失敗を避けるために小さな失敗を覚悟する

e0025086_11063977.jpg
心だけ改善して行動は変わらない or 心だけでなく行動も改善する

e0025086_11320785.jpg
先生からしか学ぼうとしない or すべての人から学ぼうとする

e0025086_11305982.jpg
人生にひとつの無駄もあってはいけないと考える or 人生にひとつも無駄もないと考えている

e0025086_11220201.jpg

e0025086_11422766.jpg


e0025086_11462725.jpg


e0025086_11341526.jpg


e0025086_11354377.jpg


e0025086_11205607.jpg


e0025086_11032379.jpg


e0025086_11193886.jpg


e0025086_10132553.jpg


e0025086_10152570.jpg


e0025086_10165847.jpg


e0025086_10173986.jpg


e0025086_10345733.jpg


e0025086_10352552.jpg



e0025086_10363279.jpg


e0025086_11180051.jpg









[PR]
# by stylejapan | 2016-06-16 11:49 | 生活創造プロジェクト
You must keep moving
e0025086_09003132.jpg

Most of the important things in the world have been accomplished by people who have kept on trying when there seemed to be no hope at all.
この世で重要なことのほとんどは、全く希望がないように見えたときでも挑戦し続けた人々によって成し遂げられてきた。 by Dale Carnegie

e0025086_08514639.jpg

A goal without a plan is just a wish.
計画のない目標は、ただの願い事にすぎない。 by Antoine de Saint-Exupéry

e0025086_09054548.jpg

Knowing is not enough; we must apply. Willing is not enough; we must do.
知ることだけでは十分ではない。それを使わなくてはいけない。やる気だけでは十分ではない。実行しなくてはいけない。 by Johann Wolfgang von Goethe

e0025086_08580574.jpg

Quality means doing it right when no one is looking.
品質とは、誰も見ていないときにきちんとやることである。 by Henry Ford

e0025086_09261837.jpg

Conquer yourself rather than the world.
世界ではなく、自分自身を征服せよ。 by René Descartes

e0025086_09222655.jpg

Fear always springs from ignorance.
恐れは常に無知から生じる。 by Ralph Waldo Emerson

e0025086_09065350.jpg

The most important thing in communication is hearing what isn’t said.
コミュニケーションで最も大事なことは、言葉にされないことに耳を傾けることだ。 by Peter Drucker

e0025086_09140761.jpg
Experience is not what happens to you. It is what you do with what happens to you.
経験とは、あなたに起こったことではない。起こったことに対してあなたがしたことである。 by Aldous Huxley
e0025086_09151851.jpg
Life is like riding a bicycle. To keep your balance you must keep moving.
人生とは自転車のようなものだ。倒れないようにするには、走り続けなければならない。 by Albert Einstein
e0025086_09091801.jpg








[PR]
# by stylejapan | 2016-06-14 09:28 | 生活創造プロジェクト