ブログトップ
集団力
人はもともと生き残りをかけて集団で生活を営んでいた社会的動物。個人では行えないような大規模な仕事や複雑な仕事は他者と協力し合って物事を進めてきた。

しかし、集団活動は必ずしもうまくいくときばかりとは限らない。メンバーはとても仲良しでプライベートで一緒に出かけたりもするものの、仕事となると低いレベルに甘んじていることもある。

集団活動の研究では個々の向上心が無い同質集団の場合、集団での活動によってパフォーマンスは低下すること(「集団の損失」)が示されている。さらに、本当に他者と協働で活動を行う場合(「本当の集団」)と、集団活動を行っているものの実際に他者との協働ではない場合(「偽りの集団」)、個人のパフォーマンスの低下が他者がいることで手抜きをすること(「社会的手抜き」)につながることが示されている。

「集団の損失」を起こさないためには、まず、個人の貢献、優劣を皆が承認すること。それによって「社会的手抜き」は起こりにくくなり、他者との比較によって自分を鼓舞することにつながったりする。また、集団全体の目標を見失わないこと、その意義を強く理解することでも、手抜きは起こりにくくなることが分かっている。

異なる仕事をしてきた異質集団の場合は、同質集団と比較すると「社会的手抜き」も起こりにくいと言われる。異なる専門性をもつ人間を集団に組み入れる理由は、それぞれのメンバーがユニークに有している専門的な情報を集団活動に反映させることが出来るためである。

企業も個人も「個」に小さく固まりすぎると、成長・発展の推進力となる夢とか熱い想いが後退していく。集団力の再認識を通じて、たとえ活動の出発点は個人であっても、それを存在感が出るまで育て上げるのは集団の力であり、大きなイノベーションを起こすのも集団の力である。










[PR]
# by stylejapan | 2017-06-27 08:03 | 生活創造プロジェクト
企業の社会貢献
今日、最も優れた事業戦略を構築するためには、社会貢献、社会問題解決のような社会的な側面を欠かせなくなっている。どんな企業でも、価値ある提案をするためには、社会的な側面をつけ加える必要がある。今日では顧客も取引先も、事業戦略に社会的な側面を持たせた企業を評価する。

社会に変化を生み出すことができるのは、企業が事業活動に密接した社会問題の解決に取り組むときだと私は信じている。なぜなら、社会と共有できる価値を創造するのに必要なスキルや技術、人脈は企業活動の中に蓄積されているからである。

私はいま、戦略についてプレゼンテーションをする際は必ず、戦略をより良いものにするために戦略と社会貢献のリンクをどう活用すべきかについて言及している。事業戦略の社会的な側面は、製品の模倣や独自の生産プロセスよりも模倣することが難しいことが多いからである。(経営学者 Michael Eugene Porter)






[PR]
# by stylejapan | 2017-06-17 06:09 | 生活創造プロジェクト
性格的な要因
「顧客が求めているのは製品やサービスではなく、自分のニーズを満たすこと」と考えるのがマーケティング発想である。

だからファンをつくるには「顧客に関心を持ち、顧客についてよく知る」ことが重要課題になる。
小売業の場合は絶えず顧客と接しているために「人々の悩み」や「何を必要としているか」「ライフスタイルをどうしたいか」など、世の中の動きを察知できる立場にあるのに対して、製造業の場合は、「こんなニーズがあるだろう」と推測して製品開発を行い、まったく顧客に求められていない製品を市場に投入するケースがよく見受けられる。

製造業の人は、接客業を研究した方がいいと思う。
精神的に不安定で優柔不断な人を好きになる人はいない。
自分を実際以上に大きく見せようとする人は、小人物だと見抜かれてしまう。
自己中心的な性格では、幅広い人間関係を築くことはできない。

自分や自分の仕事の重要性を相手に印象づけたいあまり、一方的に言動する人がいるが、会話では相手に自分のことを話してもらうことが相手に対する思いやりである。
基本的に人は自分にしか興味がないともいえる。その意味で、相手に関心を寄せることによって相手の自尊心を高める方法を見つけることが大切になる。

ファンの獲得は自らの性格的な要因、特に他人との関係性をうまく築ける能力に負うところが多い。








[PR]
# by stylejapan | 2017-06-15 09:07 | 生活創造プロジェクト
モチベーションの源
偉業を達成するには2つのものが必要である―それは計画とそれを実行するには少し足りないくらいの時間である。締切や制限こそが私達を行動にかき立てる。締切は、プロジェクトのゴールくらいシンプルなものかもしれないし、もっと重大な「死」のようなレベルのものかもしれない。
「私達の人生には限りがある」という認識こそが、私達が創造したいものをまだ時間が残っている間に作り出す上での最も理想的なモチベーションの源である。(レナード・バーンスタイン)

「死を前提に生きなさい」、「今日が最後の日だと思って生きなさい」といった言葉はいかにもありふれているように思えるが、何らかの目標を追求している人はまさにこれを体現しているのだ。「いつか死ぬ」という事実を知的に認識することから心理的に認識するようになると、自分にとって本当に重要な事柄が明らかになる。

自分が死ぬということを考え始めると、些細な事柄はもはや重要ではなくなる。そのきっかけが何であれ、心理的に自らの死すべき運命を認識している人ほど、目的意識を持って生きることができる。






[PR]
# by stylejapan | 2017-06-10 07:41 | 生活創造プロジェクト
ヒトは鏡
自尊心が低ければファンの獲得は難しい。

傲慢にふるまう人に対しては虚勢をはっていることがわかる。
不平を言うような人に対しては本人の自信のなさがわかる。

友人が誰かについて「あの人は強情だ」と言っていたからといって、自分もそういう先入観を持つことは賢明ではない。友人がその人の強情な面を引き出したのかもしれないからだ。人の行動と態度はまるで鏡のように相手を映し出すものである。

熱意は伝染しやすい。それと同様に熱意がないのも伝染しやすい。
自分が熱意を持つと他人に熱意を持たせることが出来る。自信を持ってふるまうと相手からの信頼を得ることが出来る。

人間はもともと自分にしか興味がない生き物。
目の前にいる相手は、自分自身のことに関心を持っているのであって自分以外、つまりあなたのことには関心がない。
この前提を踏まえてこそ、よい人間関係を築くことができる。

人と会話をするときの基本は、相手のことを話題にすることと、相手に話してもらうことの2つである。
人間関係の極意とは、お互いの自尊心を満たすようなやり方で相手と関わること。
これができればあなたは間違いなくコミュニケーションの達人になれる。 (心理学者 レス・ギブリン)







[PR]
# by stylejapan | 2017-06-08 06:22 | 生活創造プロジェクト
創造者として生きる
自尊心は、現代心理学の重要なテーマの一つでもあり、自尊心の低さが人間関係のトラブルの原因になっていると言われている。
自尊心と傲慢さ(プライド)は、明らかに異なる。自尊心(Self-esteem)は、自信に由来するし、欠点も含めて自分を受け入れて尊重することができるのに対して、プライド(Pride)は、自信の欠如=劣等感に由来し、自分の価値がいつも他者との比較の中で決定するので、自分の価値は、常に揺らいでいる。

自尊心は、発展途上の自分が好きであり、失敗にめげることなく、前向きにチャレンジングに生きるが、プライドは、失敗を恐れて防衛的、保守的に生きる。

自尊心の人生は、壁を乗り越え、分かち合い、知恵と勇気をもって創造者として生きるが、プライドの人生は、壁を作り、分離感を強め、攻撃的に被害者又は加害者として生きる。






[PR]
# by stylejapan | 2017-06-07 06:49 | 生活創造プロジェクト
自尊心
自尊心とは、他人からの評価ではなく、自分が自分をどう思うか、感じるかである。多くの研究者によって自己肯定感は人格形成や情緒の安定のために重要であると考えられており、自分の可能性を実現したいという気持ちから、生き方を変えるということが目標にあり自尊心が育まれていく。

自尊心が満たされた人は、自分のニーズが満たされているので、他者のニーズに配慮することが出来る。精神的にも安定しているので、他人からミスを指摘されても素直に認めることが出来る。批判を受け流すだけの自信があるので、大らかな態度で相手に接することが出来る。しかし、自尊心が満たされていない人は、ほんの少し非難のまなざしを向けられたり厳しい言葉をかけられたりするだけで相手を批判する傾向にある。自尊心をこれ以上傷つけられるという不安に耐えられないので周囲に不満をぶちまける。

集団運営の難しさはここにあり、プロジェクトがプロジェクト集団でなければ成り立たない理由もここにある。






[PR]
# by stylejapan | 2017-06-06 06:23 | 生活創造プロジェクト
プロジェクト集団
人間の集団は3つに分けられる。学校のクラスのようにたまたま選ばれた人たちがまとめられる「クラス集団」と、友だち同士がグループを組んで親しむ「仲良し集団」、そして目標を共有する人たちがそれぞれの能力を発揮しながら目標に向かって協働する「プロジェクト集団」である。

プロジェクトはやはりプロジェクト集団でなければ成り立たない。単純な寄せ集め集団ではだめだし、仲良しグループにやらせてもだめ。目標を達成するのに多彩な才能を持った人たちが対等な立場で議論しながらそれに向かっていく、プロジェクトチームはそういう集団でなければならない。(東京工業大学教授 桑子敏雄)




[PR]
# by stylejapan | 2017-06-04 05:58 | 生活創造プロジェクト
心の習慣 3
日本社会は同調の規範度が高い社会と考えられている。人間は自分が一生懸命に努力をしているつもりでも、グループのときは安心感を得ているために無心に集中するというような姿勢は後退しがちになる。同時に、きちんと成長を図っていない自分を正当化しようとする「ずるい考え方」に支配されてしまう。これは「自信のなさのあらわれ」でもあり、そこに欠けているのは「自己との対話」という心の習慣かもしれない。

自分の想いを現実化したいのであれば、なれあいの群れから離れて自分の信念に生きる、このことを発展させ押し通せることでしかない。これこそが「自立」であり、それは一人前になることに通じる。この一人前とは、「自分のすべきことは何でもする」ということである。

「個」の強さを身につけない限り人は強くなれない。商店街の商店が地域に貢献するには商店街イベントではなくて個々が「商店」としての実力を高め、それを発揮することでしかかなわないのと同様である。





[PR]
# by stylejapan | 2017-06-03 09:04 | 生活創造プロジェクト
心の習慣 2
心理学は行動経済学では購買心理などにも使われるが、一般的には、自分自身の「心の習慣」を理解し、人が自身を知ることによって本来持っているすべての機能を向上させる目的もある。

ユングは人には四種類の心理機能があり、個人はそれぞれ得意とする機能を持っていると考えた。思考、感情、感覚、直観の4種類を基本機能として、そのうちのどれが強いかによってその人の性格が表現される。

「思考機能」は、物事を論理的に捉えようとする働き。客観的な視点で分析したり意味を捉えようとする。何かを判断する時、どういう理屈なのか、それにどのような意味があるのかを真っ先に考える。ややもすると合理性が勝ち過ぎた印象を与えるために「感情」が優位に働く人からは人の気持ちをないがしろにしている印象を与える。

「感情機能」は、「思考機能」の対極にある働き。何かが起こった時、その時に生じる感情、感覚を最優先に考える。他者との親和性が高く、誰とでも仲良くなれて面倒見が良いのが特徴であるが、物事の判断を自分が好きか嫌いか、良いか悪いかという感情的なモノサシで行うために論理性に欠けるきらいがある。会議などでこのタイプの人が論理を振りかざして喋ったりすると、混乱を招くこともしばしばある。

「感覚機能」は、「直観機能」の対極にある働き。人が持つ五感が感じたものをそのまま情報として受け取る。そこには思考機能による分析や意味づけ、感情機能による「自分が好きな感じ」のような自分を基準とした価値判断はない。何かに直面した時に物事の善し悪しよりも、「それに対処するには何が必要か」を考えるありのままを捉える働き。“感情”をはさむことはあまりなく、とにかく、「それがどうなっているのか」を緻密に把握するために化学の実験には欠かせない働き。

「直観機能」は、ひらめきで本質を把握する働き。目の前で起きている物事に対して、それとは無関係なイメージやアイデアがひらめき、それが物事の本質をついていたりする。実務的なことは苦手で、論理の飛躍があったり、トンチンカンな印象を与える。


「他人に対して感じる“いらだち”や”不快感”は、自分がどんな人間なのかを教えてくれる。」 Carl Gustav Jung







[PR]
# by stylejapan | 2017-06-02 09:45 | 生活創造プロジェクト
プロジェクト


大いなるチャレンジの中に
大いなる喜びがある。

優れたアイデアをすべて自分で着想することなど誰にもできない。
大切なのは学ぶことであり、優れたアイデアを実行する能力である。

自分の持っている道具が「カナヅチ」しかないと
すべての問題が「クギ」に見えてしまうものである。

真実と心理を見極めるためには
感情に動かされることのない冷静な客観性を持たなくてはならない。

自分の唯一のライバルは自身の可能性である。
自分にとって唯一の失敗は自身の可能性に生きないことにある。

空腹を満たすために食べ物があるように
生きるために必要なのは美しさである。

人は成長のために進むか、安全を求めて退却することも出来る。
成長するためにはこの判断を繰り返さなければならない。
そしてその度に恐れも克服しなければならない。

過去について後悔することも出来るし
未来について心配することも出来る。
しかし、自分たちが行動できるのは現在だけである。
この瞬間を生きようとする能力は精神的健康を支えてくれる。

すべての人間が
自分で考えたプロジェクトで
自身をつくっている。

Abraham Harold Maslow




e0025086_11104026.jpg
e0025086_11121279.jpg
e0025086_11135616.jpg
e0025086_11170490.jpg
e0025086_11193140.jpg
e0025086_11204234.jpg
e0025086_11225056.jpg
e0025086_11215117.jpg
e0025086_11235780.jpg
e0025086_11253076.jpg
e0025086_11263039.jpg
e0025086_11273010.jpg
e0025086_11282990.jpg
e0025086_11293022.jpg
e0025086_11313536.jpg
e0025086_11325194.jpg
e0025086_11335187.jpg
e0025086_11352242.jpg
e0025086_11363463.jpg
e0025086_11381761.jpg
e0025086_11392161.jpg
e0025086_11402008.jpg
e0025086_11413091.jpg
e0025086_11425489.jpg
e0025086_11434701.jpg
e0025086_11442127.jpg
e0025086_11454681.jpg
e0025086_11463568.jpg
e0025086_11472902.jpg



































[PR]
# by stylejapan | 2017-06-01 12:07 | 生活創造プロジェクト
心の習慣
最近では脳科学の進歩によって、その人の性格はどんな環境に育ったか、そこでの心の習慣によって形成されることが分かってきた。

たとえば新しいことに遭遇したときに、「なんだか嫌だ」「ああ怖い」と拒絶反応が多い環境に育った場合と、「何だろう、面白そうだ」と反応を示す環境で育った場合とでは、前者の子供は未知のものに出会ったときに、まず不安や緊張を覚えるように習慣化され、そして初めて接する物事や人、場所に対して警戒し引っ込み思案な性格が形成される。後者の子供は、新しい物事に対して前向きになり、自分から踏み込んでいける性格が形成される。

どちらのタイプにも長所と短所があり、前者の場合は、自分の価値観で判断するために思い込みから周囲とずれた反応を示す反面、物事に集中すると、思いがけないパワーを発揮する人がいる。後者の場合は、周囲の人と協力したり、意見を取り入れたりして成果を上げる反面、物事を表面的にとらえがちで深く考察しないために失敗したりする人がする。

どちらが良い悪いではなくて、物事の捉え方は生まれ持ったものではなくて後天的な「心の習慣」によるという。












[PR]
# by stylejapan | 2017-06-01 06:46 | 生活創造プロジェクト
未来を発想する
創造性の高い仕事を行う人は、目の前の仕事をこなしながらも未来についても考えている。
有効なアイデアは意識下で長期にわたって検討を続けてきた結果が意識に現れたことであり、単なる思いつきとは異なる。検討の背景には強い想いと努力があるはずである。そして、そういう人は20年先の未来を創造するという自分や事業の命運を賭けた挑戦に勇気をもって立ち向かっていける可能性を秘めた人材になる

今の課題を解決するのであれば、その課題を明らかにし、それを解決したり改善したりすることに集中することで、付加価値や結果を生み出していけばいいが、未来について考えるときにはその進め方ではありきたりなビジョンしか描けない。
その理由は未来創造には答えが存在しないからだ。

論理立てて物事が理解できる人材が集まり、同質タイプであるがゆえに意気投合して場は盛り上がり、対立を避けるようなチームが組まれると、全員が仲良く合意した結果、凡庸な結論に収まることになる。結果的にただでさえ不確定要素の多い未来に対して有効な手立てを打つことは難しくなる。大切なのは切磋琢磨であって、真剣なチャレンジだと思う。

中でも社会が抱える課題を解決することは容易ではないが、それにチャレンジすることで多くを学べる。
その際にはイメージをつかむことからはじめる。イメージで大切なことは、スタート時点とゴールであり、それが浮かんでしまえば、あとはプロセスでその間のつじつまを合わせればいいが、プロセスにおいて多くを学べることは言うまでもない。







[PR]
# by stylejapan | 2017-05-31 10:14 | 生活創造プロジェクト
仕事はクリエーション
自分たちは、今どんな時代に生きているのか。その時代のただ中にいるものがそれを理解するのは難しい。

時代を理解するためには、単に観察者という立場からは、原因と結果にはさまれた時代の流れの全体を把握することは出来ない。

しかし、時代の転換期で様々な問題が起きている社会に対して、その課題解決に向けた活動によって広い視野が培えるはずである。

哲学者ハンナ・アレントは、仕事を「クリエーション/創造」と位置づけ、「仕事とは社会に何かを働きかけること」としたが、活動していくことで新しい価値を獲得することになる。なぜなら、そのことは創造性を伴った行為であるからだ。

社会が抱える課題を解決したいという想いを持つ人ほど、推進力が高いと言われている。そういう人にはファンが生まれ、また支持されることによって自らの高いモチベーションの継続につながっていく。





[PR]
# by stylejapan | 2017-05-27 07:46 | 生活創造プロジェクト
成功者のイメージ=個人の業績+他人への貢献度
ある人々は、誰かによくしてやると、お返しを期待する。

また、ある人々は、誰かによくしてやったことを意識していて、相手は自分に返すべき恩義があると思っている。

しかし、ある人々は、そんなことを考えもしない。
彼らはブドウの木のようなもので、なんの見返りも期待せずにブドウの実をつける。だから、誰かを助けてやったら、あとは他のことにとりかかっている。

私たちはそのような人間でなくてはならない。 ~マルクス・アウレリウス(ローマ皇帝)












[PR]
# by stylejapan | 2017-05-12 00:04 | 生活創造プロジェクト
まわりに貢献し、自分も成長する人
「学習する力」と「実行する力」を兼ね備えた集団をつくり、それを維持出来るかが鍵となる。

集団としての成長は、「実行し成果をあげる」これまでの集団としての側面のみならず、チームメンバーが学習し合い、切磋琢磨し合い、成長し合い、新たなものを創出していくという一連のサイクルがもたらす。

参画者の全員が率直に意見を言う、協働する、試みる、検証するという行動こそが成果を創出する。

組織心理学者のアダム・グラントは、集団に貢献しようとする人が成功するという。「他者に得をさせる=自分の利益が減る」と考えるのではなくて、「他者を幸せにする=自分にとって意義がある・自分も楽しめる」と捉え、仕事は自分以外の誰かの役に立つから仕事として成立すると考える人である。

「利己的か利他的かで分けることは、根本の問題から注意をそらすことになる。なぜ自分を他人から、あるいは他人を自分から引き離そうとするのだろう。この二つを一体化させることが、人間本来の協同性に隠された秘密であるというのに」 ~『共感の時代へ』フランス・ドゥ・ヴァール








[PR]
# by stylejapan | 2017-05-11 08:50 | 生活創造プロジェクト
Fast alone, far together
If you want to go quickly, go alone. If you want to go far, go together.
「急いで行きたいなら、一人でいけ。 しかし、もし、遠くへ行きたいなら、一緒にいけ。」というアフリカのことわざがある。

人はひとりで生きているわけではない。それゆえに集団で出来ることは、ひとりで出来ることよりもはるかに大きい。
ただ、人数が増えれば増えるほどは複雑化する。その複雑性の理解の助けになるのが「思考」であり、「社会性」である。それぞれが感情をコントロールして、豊かな社会を目指すために考え抜くことである。

良い集団とは、時代の転換期で様々な問題が起きている社会に対して、一つの解決策を導き出し、そのことで集団としての価値を生み出す。そのためにも広い視野を持つ学習する集団であり続けなければならない。

「学習」というのは、知識を増やすという意味ではなく、自己のあり方を学ぶという機会を得ることによって、それぞれが人生で本当に望んでいる結果を出す能力を伸ばすという意味である。







[PR]
# by stylejapan | 2017-05-10 00:56 | 生活創造プロジェクト
世界観
「三つの真実にまさる 一つのきれいな嘘を」は、フランスの人文学者フランソワ・ラヴレェの言葉。
芸術で表現される心を揺さぶる感覚のことではないだろうか。

ブランドの世界観、その空間づくりにおいても、理屈の積み重ねでは心は動かない。イマジネーションを掻き立てる空間であれば、そこに居続けたいと感じるはず。




[PR]
# by stylejapan | 2017-05-09 08:44 | 生活創造プロジェクト
全員がリーダーシップを持った集団が成長する
経済が成長を続けていた時代の日本では、どうすれば成果があがるのかがわかりやすく、リーダーがやり方を示し指示・命令していれば、部下の頑張りで自然と成果は出たが、今のような成熟した社会環境では創意工夫とスピードが絶対不可欠のため、ひとりのリーダーが引っ張っていくようなやり方では成果につながらない。

スポーツの世界でも、いち早く体育系の体質から脱皮したところから強くなってきている。そこでは、先輩後輩の上下関係を後退させ、個々と集団が成果を出すためにはどうするかをメンバー全員が考え実践すると同時に、お互いを動機づけ、全員が活躍しやすい環境を協働して整備するというリーダーシップが発揮されている。


リーダーシップとは人を引きつけることではない。そのようなものは煽動的資質にすぎない。仲間をつくり、人に影響を与えることでもない。そのようなものはセールスマンシップにすぎない。(ピーター・ドラッガー)








[PR]
# by stylejapan | 2017-05-08 00:25 | 生活創造プロジェクト
学習する集団
学習する集団とは、目的を達成する能力を効果的に伸ばし続ける組織を意味している。変化の激しい環境にあっても、さまざまな時代の変化に耐え、復元するしなやかさを持ち、協働体験から学びながら、時代に適応すべく進化し続ける集団である。

学習する集団とそうではない集団の大きな違いは、それぞれの目的を実践するために勉強し、習得しなければならない理論と手法の体系を身につけようとしているかどうかである。

複雑で変化の激しい時代には、多様な参画者が真の対話を重ね、複雑な現実を見つめ、豊かな社会をつくりあげるという未来のビジョンを共有する中で、個々が自らを創造し、社会の発展に貢献するような集団が必要になる。

スポーツにおいても、集団が真に学習するとき、個々の参加者も、集団の切磋琢磨による学習がなかったら起こり得ないような急激な成長を見せることがある。そこでは集団の協調的行動によってめざましい進化が生み出される。このことは、芸術や科学、そしてビジネスにおいても同様である。







[PR]
# by stylejapan | 2017-05-07 01:35 | 生活創造プロジェクト