ブログトップ
<   2017年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
narrow-minded な人たち
他人の成功を喜べない。

人を褒める事ができない。

自分にメリットがないと動けない。

感情を溜めておく器が小さいため、すぐに気持ちが外に出てしまう。

自分を守ろうとする意識が強く、何か言われたら、その内容を理解しようとする前にまず反論しようとする。

人の努力や実績は目に入らず、自分がやったことを認められたいという気持ちが先行する。

自分が気に入らない人は無視をする。

物事を客観的に見れず、家族・自分の事しか考えられない。

人を批判して自分が優越感に浸る。


「世の中への理解を深めようとする姿勢によってのみ視界が広がっていく。」















[PR]
by stylejapan | 2017-11-09 10:56 | 生活創造プロジェクト
視野が狭い
歩いているうちに色々なところから興味の湧く物が見え隠れしたときに、スッとそこに身をもっていくことが出来るかどうかで、持っているものの量とか質が変わっていく。

好奇心に純粋に身を寄せていくっていうか、何か気になったら、他人事と思わないで、自分だったらどうだろうとか、とことんやってみる。

頑張って売れるものをつくり出そうとするのではなくて、純粋な気持ちで物事に向き合っていく。頭でっかちでは本当の意味での魅力は創れない。視野が狭すぎるからだ。

目の前に現れる面白そうなものに、心を揺さぶられ、それでワクワク人生を生きる、その方が、ずーっと生きるってことにならないだろうか。







[PR]
by stylejapan | 2017-11-08 08:22 | 生活創造プロジェクト
他人事
e0025086_09423706.jpg
時間とエネルギーを、「世間よし」のためではなく「自分よし」のためだけに使ってしまうのでは社会は成り立たなくなる。
まして他人の時間とエネルギーを「自分よし」のためだけに利用するのでは言語道断であろう。

孔子の「己の欲せざるところ、人に施すなかれ」の有名な一節のごとく、相手の立場に立って物事を考えようとするのではなく「自己中」であるかぎりはブランディングはうまくは進まない。

「三方よし」のスピリットには、「商いの原点」にとどまらない「人間の原点」も感じられる。真の商人(あきんど)には、いつも相手の立場に立ってものを考えようとする、やさしさと思いやりが欠かせない。

世の中に一石を投じたい。そのビジョンを形にする、これがブランディングの第一歩。自分が求めているモノやサービスをつくる。そのために何でも挑戦する。そして格好よく生きていく。その生き様にしかファンは集まって来ないと思う。





[PR]
by stylejapan | 2017-11-06 09:35 | 生活創造プロジェクト