ブログトップ
2017年 06月 08日 ( 1 )
ヒトは鏡
自尊心が低ければファンの獲得は難しい。

傲慢にふるまう人に対しては虚勢をはっていることがわかる。
不平を言うような人に対しては本人の自信のなさがわかる。

友人が誰かについて「あの人は強情だ」と言っていたからといって、自分もそういう先入観を持つことは賢明ではない。友人がその人の強情な面を引き出したのかもしれないからだ。人の行動と態度はまるで鏡のように相手を映し出すものである。

熱意は伝染しやすい。それと同様に熱意がないのも伝染しやすい。
自分が熱意を持つと他人に熱意を持たせることが出来る。自信を持ってふるまうと相手からの信頼を得ることが出来る。

人間はもともと自分にしか興味がない生き物。
目の前にいる相手は、自分自身のことに関心を持っているのであって自分以外、つまりあなたのことには関心がない。
この前提を踏まえてこそ、よい人間関係を築くことができる。

人と会話をするときの基本は、相手のことを話題にすることと、相手に話してもらうことの2つである。
人間関係の極意とは、お互いの自尊心を満たすようなやり方で相手と関わること。
これができればあなたは間違いなくコミュニケーションの達人になれる。 (心理学者 レス・ギブリン)







[PR]
by stylejapan | 2017-06-08 06:22 | 生活創造プロジェクト