ブログトップ
2017年 06月 07日 ( 1 )
創造者として生きる
自尊心は、現代心理学の重要なテーマの一つでもあり、自尊心の低さが人間関係のトラブルの原因になっていると言われている。
自尊心と傲慢さ(プライド)は、明らかに異なる。自尊心(Self-esteem)は、自信に由来するし、欠点も含めて自分を受け入れて尊重することができるのに対して、プライド(Pride)は、自信の欠如=劣等感に由来し、自分の価値がいつも他者との比較の中で決定するので、自分の価値は、常に揺らいでいる。

自尊心は、発展途上の自分が好きであり、失敗にめげることなく、前向きにチャレンジングに生きるが、プライドは、失敗を恐れて防衛的、保守的に生きる。

自尊心の人生は、壁を乗り越え、分かち合い、知恵と勇気をもって創造者として生きるが、プライドの人生は、壁を作り、分離感を強め、攻撃的に被害者又は加害者として生きる。






[PR]
by stylejapan | 2017-06-07 06:49 | 生活創造プロジェクト