ブログトップ
共感=人間関係の構築
間違った観点に立って開発されたせいで、失敗する製品が多い。

顧客が本当に必要としているものではなく、顧客に売りたいものにしか目を向けない。

ここで欠けているのは「共感」、つまり顧客が解決しようとしている問題への深い理解。

同じことが人間関係についても言える。
相手にとって何が大切なのかを考えもせず、ただ自分に必要なものを得るために、関係を結ぼうとする。
そんな見方を変えることが、人間関係を深めるための有効な方法になる。(クレイトン・M・クリステンセン)









[PR]
by stylejapan | 2017-05-02 07:41 | 生活創造プロジェクト
<< ブランドの文化 充実した日々 >>