ブログトップ
すべては自分との競争
e0025086_08280367.jpg
モノやサービスが評価を得てファンの獲得につながるためには、その対象となる人たちが理想とするライフスタイルに迫らなければならない。

未熟な思考回路を使いまわしても、新たなモノゴトを創出することは出来ない。その未熟さは、すべて自らに原因がある。

考え方や価値観を改善するには、自分よりも優れた人の考え方や価値観に触れる必要がある。

ライフスタイルへの理解を深めるには、自らもライフスタイルを変えなければならない。

昨日までの自分を続けながらでは理解が深まらず、今までの状況を改善することは出来ないにもかかわらず、多くの人たちは変えることを選択しない。

変えることには不安や不満がつきまとうために、中には他者への批判で自らをごまかす人もいる。他人を攻撃するのではなく、類友と徒党を組むのでもなく、未熟な自分とひたすら戦う。その姿からファンが生まれてくる。

成長しない人の多くは本人が 「変わらない」 と固く決心したから、なのだそう。結局は 「今の自分」 でいる方が楽、つまり幸せになる勇気がない から、と心理学では説く。






[PR]
by stylejapan | 2017-02-18 08:37 | 生活創造プロジェクト
<< すべては自分との競争 その2 地方の活性化 その2 >>