ブログトップ
やわらかい頭
時代錯誤とは、その時代にそぐわないこと。時間の進行から見て前にも後にも双方向のズレに対して時代錯誤と呼べるが、特に「時代遅れ」の意味に使用されがちで、既に過去のものとなった文化を持ち出そうとする姿勢を指すことが多いとされる。そのため発想は常に更新していく姿勢が必要になる。

既存の枠にとらわれない発想との言い方がある。しかし、どうだろう。既存の枠の限界に立ち、広い視点で枝葉を切り捨て物事の核心、本質を探究することの方が新しい発想にたどり着くのではないだろうか。目まぐるしく変化する現代社会においては、柔軟性に富んだ人間でなければ困難に直面していく時代になった。





[PR]
by stylejapan | 2016-12-17 09:08 | 生活創造プロジェクト
<< 展示会の面白さ センスを養う >>