ブログトップ
発想し続ける態度、やり続ける態度
プロフェッショナルとは体質そのものであって、単に資格によって何かができるのではなくて、やり続けるという態度、仕事に対して責任を負い、発想し続ける態度を持っている人を指す。カネを稼ぐかどうかという点は、プロフェッショナルの本質的要件ではない。

一般の人たちの知識が及ばない分野、信頼している社会的役割、それらへの信頼に対してプロフェッショナルには探究心が求められる。ドラッカーは、世の中をつくるのは、普通の人であり、誰でも一流のプロになれると言い続けてきた。加えて、能力が人を変えるとも述べている。

「自らの成長のために最も優先すべきは、卓越性の追求である。そこから充実と自信が生まれる。能力は、仕事の質を変えるだけでなく、人間そのものを変えるがゆえに、重大な意味をもつ」(ドラッカー「プロフェッショナルの原点」)。

[PR]
by stylejapan | 2016-11-30 00:05 | 生活創造プロジェクト
<< 文化的消費 発想の鍛錬 >>