ブログトップ
大衆化社会における地域の再生
本来、「市民」と「大衆」は全く異なる概念である。たとえば「市民」とは、自律性を備え公共の問題に積極的に関わる自由で平等な人々を指す。

「大衆」とは、他律的で公共の問題に無関心で受動的な人々を指す。「大衆化社会」とは構成員の大多数を大衆が占める社会をいう。

経済発展により核家族化から個人の孤立化へと進展した現代社会においては、マス・メディアに依存して自分の方向を確認し、自分自身の中に絶対的な羅針盤を持たないで自分の考え方や行動が左右される傾向が顕著になる 。
そんな中でいかにして地域の再生を実現させるのか、時代を切り拓くGame changer の出現に期待する。









[PR]
by stylejapan | 2016-11-17 08:09 | 生活創造プロジェクト
<< 孤独な群衆 公による地方創生 >>