ブログトップ
ブランドも顧客も同じ方向を目指す
ブランディングは特定の顧客層に向けて行われる。

すべてのお客様を満足させることは出来ないという考えが背景にある。
短期的な利益ではなくて、顧客との長期的な関係を大切にしたいという想いがある。
短期で利益を上げる人は自分のことしか考えない。長期で関係性を維持する人は社会のあり方まで考えている。

ブランドと顧客、そして社会活動、同じ方向を共有し活動を進展させていく。
これが出来たときに長期の関係性が成立するのだと思う。




[PR]
by stylejapan | 2016-09-27 08:16 | 生活創造プロジェクト
<< 成長する人 顧客と長期的な信頼関係を育むこ... >>