ブログトップ
相互作用、交互作用
ふたつ以上の存在が互いに影響を及ぼし合うことを相互作用、交互作用という。
e0025086_08465516.jpg
人間の活動にはほとんどの場合、グループがつきものであり、それを構成する個々の価値観の違いが活動を複雑なものにする。合唱のようにそれぞれがパートを受け持ちながらハーモニーをつくりあげ、さらに観客からの評価を得なければならない場合には、個々人がもたらす複雑性は必然的に後退させられる。

Jリーグのようなプラットフォームにおいては、チーム内、あるいはチーム間において、切磋琢磨がおこり全体が向上していく。選手の適材適所やポジション争い、J1昇格や優勝争い、あるいはJ2、J3への降格、もしくは外国の強豪チームとゲームを設けるなど、グルーピングの適切なデザインによって、一人一人のスキルを引き出しながら、それぞれが持つスキルやエネルギーの総和を超えた力を創出していく。そんな中でひとりひとりが実力をつけていく。

それぞれの事業の成功とそのことによる地域の活性化という難しい課題に対しても、プラットフォームにおいて取るべき行動を個々が理解し、実践することによって活性化は実現出来るはずである。人間個々につきものの複雑性を後退させて、個々の能力を高めていく、そのような多様な個々人の参画による活動をうまく進めるには、相互作用、交互作用がキーワードになる。








[PR]
by stylejapan | 2016-07-12 08:47 | 生活創造プロジェクト
<< 協働体 売場を観察するポイント その3 >>