ブログトップ
Each of the three being
e0025086_18071732.jpg
情熱を持たず、規則や決まりを大事だと言い、守旧で保身に走るタイプ。

一見、情熱と意見を持つ改革派の印象を与えようとするが、メディア文化人のように訴えたいことが先にあるのではなくて、ウケたり納得されたりすることを探し出し、後づけの因果関係をアピールする責任を負わないタイプ。

これらのタイプとは異なり、他者への印象づけに没頭することなく、まっとうな仕事をしているんだという自負をもって人生を貫くタイプ。

この最後のタイプはしばしば苦労人であり、辛苦をなめてきた人であり、それを糧に実力を培ってきた人だから、人情の機微が分かる人であったりする。ノンエリートの意地と誇りを持った人でもある。そういう人たちが支えている社会空間は健全だと思う。







[PR]
by stylejapan | 2016-06-25 18:09 | 生活創造プロジェクト
<< 多数決≠民主主義 登場感 >>