ブログトップ
Self help
「天は自ら助くる者を助く」
e0025086_05535068.jpg
この格言は、イギリスの医師で作家のサミュエル・スマイルズが著した『自助論』の中の言葉で、国家が自立するためには、国民一人ひとりが、国の自立の認識に立脚して、お互いに努力し、助け合うことの重要性を説いたものである。

「天は助けを求める者を助けてくれる」という意味ではなくして、本来は、「天は、他人の助けをあてにせず、自分自身で努力する者を助ける」ということであって、「誰にも頼らないで、自らが努力をしている人は、必ず報われる」という意味となる。

くわえて「天は他を助くる者をさらに助く」という言葉もある。









[PR]
by stylejapan | 2016-05-23 05:56 | 生活創造プロジェクト
<< ビジョン、そしてリーダーシップ ブランドは百年の計 >>