ブログトップ
自分を感動させる
同じ時代に生きていても、時代感覚を培える人とそうでない人がいる。
e0025086_06215476.jpg
それは自身の進歩に向けて常に考えている人か、考えることを遠ざけている人か、その違いではないのだろうか。
常に考えている人の中でも、自身を感動する場面に出くわすように仕向ける人は時代感覚に優れた人だと思う。

そのような人は、堂々巡りの人生にならないように、新しい考えや感性に触れる努力を怠らない。
常日頃、自身の想像力を鍛えようとする意識の高い人である。














[PR]
by stylejapan | 2016-04-08 02:02 | 生活創造プロジェクト
<< 茶の本/岡倉天心  考える葦であれ >>