ブログトップ
脱皮=新しい自分の段階
かってはこれこそが真実だと思っていたものが、今では間違いだったと分かる。かってはこれこそ自分の信じていたものごとが、今では少し違うと考えるようになる。

それを、自分は若かったとか、浅かったとか、世間知らずだったと考えない方が良い。なぜなら、その時の自分にとっては、そう考えたり、思ったりすることが必要だったのだから。当時の自分の「段階」にあっては、それが真実であり信条だったからである。
e0025086_08324407.jpg
人は常に脱皮していく、常に新しくなっていく、常に新しい生に向かっている。だから、その時は必要だったものが、今では不要になったにすぎない。

自分を批判していくこと、人の批判に耳を傾けることは、成長のための脱皮につながっていくものである。そのようにして、さらなる新しい自分の「段階」に向かっていくのが人生である。 ~ニーチェ






[PR]
by stylejapan | 2015-12-13 08:33 | 生活創造プロジェクト
<< 社会問題を解決するのは誰か みんな悩んで大きくなった >>