ブログトップ
one's life
人生とは、人間がこの世で生きることや、生きている時間、経験などのことである。 人生に対する見方や、人生の意味の理解のしかたを人生観という。


人生の意義を探し求めようとしない者がいるならば、その人は生きながら死んでいるも同然だ。(トルストイ)

効率や損得にとらわれると人間が小さくなる。(斎藤茂太)

大きな山に登ってみると、人はただ、さらに登るべき沢山の山があることを見出す。(マンデラ)

人はすべて自主独立すべきものである。自立の精神は人への思いやりと共に人生の根本を成すものである。(渋沢榮一)

高く登ろうと思うなら、自分の脚を使うことだ。高い所へは、他人の脚によって運ばれてはならない。人の背中や頭に乗ってはならない。(ニーチェ)

事を成し遂げる者は愚直でなければならない。才走ってはうまくいかない。(勝海舟)

一つのことを一生やり続けられると確信する日が来る。(スティーブ・ジョブス)

「要領よく」という考えは、人生を意義あるものにしてくれない。(藤原東演)

どうにも乗り越えられない障害にぶつかった時は、頑固さほど役に立たないものはない。(ボーヴォワール)

人間は、その人の思考の産物に過ぎない。人は思っている通りになる。(ガンジー)

人生を生きるには修練が必要です。まずまずの目的、過ち多き行動、ぐらぐらしている意志、それらで人生をうやむやに過ごしてはなりません。(ナイチンゲール)

あちこち旅をしてまわっても、自分から逃げることはできない。(ヘミングウェイ)

涙と共にパンを食べたものでなければ、人生の味は分からない。また、どこに行こうとしているのか分からないのに、決して遠くまで行けるものではない。(ゲーテ)

盲目であることは悲しいことです。けれども、目が見えるのに見ようとしないのはもっと悲しいことです。(ヘレン・ケラー)

過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望を持つ。大切なことは、何も疑問を持たない状態に陥らないことである。(アインシュタイン)

人生はクローズアップで見れば悲劇だが、ロングショットで見れば喜劇だ。(チャップリン)


人生を一種の学校だととらえることができる。壁を乗り越えることに意味があると考えるのではなく、壁があることに意味があり、壁に挑戦しているだけでもすでに意味がある、と考えることで、人生で起きるすべての出来事に意味があると考えつつ人生を前向きに生きてゆくことができる。そしてまた、その人生は、次の世代の人生の下地となるものである。









[PR]
by stylejapan | 2015-10-18 06:55 | 生活創造プロジェクト
<< 店舗形態の原点 自分の人生を生きる >>