ブログトップ
Will to Power
力への意志(ちからへのいし、英:Will to Power)は、ドイツの哲学者フリードリヒ・ニーチェの後期著作に登場する、突出した哲学的概念のひとつである。

力への意志は、ニーチェの考えによれば人間を動かす根源的な動機である。
「死ぬのは決まっているのだから、ほがらかにやっていこう。
いつかは死ぬのだから、全力で向かっていこう。
時間は限られているのだから、チャンスはいつも今である。
嘆きわめくことは、役者に任せておけ。」

e0025086_08170208.jpg
「この人生を簡単に、そして安楽に過ごしていきたいというのか。
だったら、常に群れることが好きな人々の中に混じるがいい。
そして、いつも一緒につるんで、ついには自分というものを無くしてしまって生きていくがいい。」






[PR]
by stylejapan | 2015-10-01 08:18 | 生活創造プロジェクト
<< 店はお客様のためにある 理屈っぽい人の心理 >>