ブログトップ
言葉やイメージを仕入れる
考えを表現する時、誰もが持ち合わせている言葉をもちいてしか表現できない。

言葉が少なく、ありきたりの表現だと、考え方も幼く、心が通って来ない印象になる。
イメージも同様である。

さまざまな言葉、さまざまなイメージに接する努力をしていれば、表現の幅が広がり、自分の考えやイメージをしっかり表現できるようになるはず。そのことで考えの幅が広がると、さまざまな可能性も高まってくるようになる。

ファンの獲得が命題である魅力ある店づくりやブランディングを成功させるためには、自らの想いを誠実に表現し、それに対して共感してくれる人たちとの関係性を築くことが全てである。

モノも情報も洪水のように押し寄せてくる現代社会においては、独自色を鮮明にすることが重要であり、それには五感に訴えかける「らしさ」づくりを成功させなくてはならない。言葉やイメージの少ない人は、どうしても「らしさ」の表現が雑になる。

素敵なイメージに多く触れる、素敵な言葉を多く知ることを習慣にすることで、「らしさ」が改善でき、そのことで関係づくりが良い方向に進展していくと思う。








[PR]
by stylejapan | 2015-09-18 09:39 | 生活創造プロジェクト
<< 夢がある無し 豊かさと多様性 >>