ブログトップ
想いの強さ
強い想いがあれば、それに応える人たちが出てくる。
しかし、それが私利私欲であれば、そうはならない。

e0025086_07084641.jpg
「社会のために」というかたちの願望を持つことで、願望の純粋さは増加してくる。
当然、食べることは不可欠であるが、食べるために生きるのではなくて、生きるために食べると捉えることで利己的な欲望を抑える努力をすることが必要となる。

成功は、強い想いを実現させる、その純粋さにかかっている。

「成功するのは、知性と品性が備わっている証拠である」ジャン・ポール・サルトル








[PR]
by stylejapan | 2015-08-25 07:09 | 生活創造プロジェクト
<< 「第三の場所」は基本 関係性づくりの誤解 >>