ブログトップ
豊かに生きるが豊かな発想に
同じものと向き合っていても、ある人はひとつかふたつくらいのことしか、そこから引き出すことができない。そして、このことは一般的には能力の差だと思われている。

e0025086_10143166.jpg
しかし、実際には、そのものから引き出しているのではなくて、そのものに触発されて自分の中から引き出していくことで新たな発想につながったりして、自分の中で応じるものを自分で発見していくのである。

そのことからすると、豊かなものを探すのではなくて、自らを豊かにすることこそが、自分の能力を最大限発揮する方法であり、人生を豊かに生きることである。~「悦ばしき知識」











[PR]
by stylejapan | 2015-08-23 10:15 | 生活創造プロジェクト
<< 関係性づくりの誤解 自らの仕事を伝える >>