ブログトップ
自らの仕事を伝える
話を成立させるものは受け手の感情である。

e0025086_06514784.jpg
だから受け手が期待しているものを知ることなく、コミュニケーションを行うことはできない。
コミュニケーションは、それが受け手の価値観、欲求、目的に合致するときに最大になる。

そのことを度外視して、ありきたりのセールストークを繰り返しても顧客との関係性は生まれない。
大切なことは相手に関心をもつことであり、相手の立場に立って話の展開をおこなうことである。








[PR]
by stylejapan | 2015-08-22 06:56 | 生活創造プロジェクト
<< 豊かに生きるが豊かな発想に 社会とつながる3 >>