ブログトップ
顧客を創造
店の場合には、相手の暮らしの中に住み込むくらいの想像力が必要とされる。相手に必要とされる店であるかどうかだ。その目線が不可欠だと思う。

e0025086_06455876.jpg

思いつきで作ったものを売るのではなくて、想定している顧客が買ってくれるモノをつくる、もしくは仕入れるのが基本になる。

ブランディングの場合は、顧客との関係性が大切であり、それはイベントによる単なる交流の結果、構築できるのではなくて、こちら側の哲学や高次の社会性が支持されることよって構築できると思う。

仕事とライフスタイルを連動させながら、そこから生み出された製品、あるいは選択された商品が売れる背景には、その生き方への支持があるのだと思う。

心情なき享楽人、精神なき専門人ではともに真のファンは形成されないことになる。





[PR]
by stylejapan | 2015-08-14 06:46 | 生活創造プロジェクト
<< Stay hungry 関係性の創造 >>