ブログトップ
God is in the detail (神は細部に宿る)
e0025086_00131299.jpg

「神は細部に宿る」という言葉は、ドイツの建築家ミース・ファン・デル・ローエが好んで使ったとされている。
細かい部分まで妥協せずに仕上げてこそ、全体の完成度なり本質が決まるという一般的理解だが、どんな大きなことでも小さなことを大切にしたいという「意識」のもとに成立しているという意味だろう。

自分の事業を成長させたいとしても、自分の器以上には成長しないことを考えると、自らの変革は避けられない。
そのためには多様な価値観に触れること、切磋琢磨の機会に挑み実践経験を増やすこと、社会性や精神性を高めることなどによって、細部まで妥協しない「意識」につなげていくことが大切になるだろう。小手先のアイデアや何かに頼るのではなくて、自らの意識や精神を高めなければならない。
彼の別の言葉に、“Less is more.”(より少ないことは、より豊かなこと)とあるが、これも同様の精神に基づくのだろう。

事業の成長を決定づけるのも「細部」へのこだわりであり、さらに、シンプルな「仕組み」を構築していくことが課題になる。













[PR]
by stylejapan | 2014-03-23 00:15 | 地域再生
<< セルフ・エスティーム~自分を骨... ソーシャル・キャピタルと地域の再生 >>